ワイロード企画の大阪看板ブログ

看板・サインで空気をデザインする!?

看板屋のよもやま話

良い看板・サイン、悪い・汚い看板・サインがつくるお店や会社の空気感

都会と田舎、繁華街と住宅街のように周りの風景や建物の雰囲気で空気感が違うようにお店や会社のサインが周りの空気感に影響を及ぼしています。

空気感をつくるサイン

サインは建物の方向を示す機能だけではなく、周りの環境と調和するインテリア空間として重要な存在です。外観や店内の空気感をデザインすることで購買意欲の向上やお店のブランド価値を高めます。サインが空間に付加価値をつくります。

空間は、人を包み、時間を包み、生活や行為を包み込みます。

ワイロード企画はサインデザインをご提案すると同時に、空間といつも共にある「空気感」をデザインすることを目指しています。そこにいて心地良い空気感、凛とする空気感、リラックス出来る空気感。

大阪府内はもちろん、近畿一円お気軽にご相談ください

私たちが目指す看板づくりは、新しい価値を創り出すことです。実績から継続して蓄えられた豊富な知識を基に、シーンに応じたやわらかなコミュニケーションを感じるサインデザインをご提案を致します。

看板以外(チラシ、パンフレットなど)のデザインの相談役としてどうぞ

とは言っても「何からお願いしたらいいのか分からない」という方が多いのも事実。そこで当社の出番です。

創業以来、集客につながる看板・販促物のデザイン・制作に携わらせていただいてはや30年以上。沢山の事例やノウハウがあります。

弊社がお手伝いした実績を毎月新しく追加しています。ご相談前にぜひご覧ください。

あなたのお店が欲しいお客さまを集めるには?コンセプトやデザイン、費用なども含め最適な提案ができる、ワイロード企画のディレクターが直接伺います。お気軽にお電話、お問い合わせフォームからご連絡ください。

執筆者:

関連記事

朝ドラ「まんぷく」に見る企業の「看板」への想い

「まんぷく」で主人公夫婦の経営する「たちばな塩業」が塩づくりをやめ、「ダネイホン」という健康食品作りに専念すると宣言するシーンがありました。 そしてそれにともない、社名を変更するのです。 その後、「た …

トイレの表示プレート

看板屋さんは何を作っているの?「看板」と「サイン」の意味

私どもワイロード企画は、1988年から約30年に渡って屋外サイン工事(看板のお仕事)を手がけていますが、お店や会社を経営している方からよく以下のような質問をいただきます。 看板の製作をお願いしたいけど …

「京大の文化」立て看板、景観条例違反指導

先日(2017年11月25日)、朝日新聞のWEBニュースでこの記事が公開され、ちょっとした話題になりました。 「京大の文化」立て看板、景観条例違反指導 今回の件について看板の専門家として考えてみたいと …

能勢町に宮沢和史さんが来るよー

本日は現地調査&打ち合わせで、“大阪のてっぺん”能勢町まで行ってきました。 弊社は池田市にあるので、能勢町ももちろん営業エリアです。 そこでポスターが目についたのですが 「宮沢和史コンサート」??? …

「イケてる看板」が「イケてない看板」にならないために

こんにちは!ワイロード企画の藤原です。 先日、このような記事がネットで話題となりました。 デザインの敗北? ロフトのイケてる案内板、なぜかテープで補足説明 銀座にあるロフトの新店舗の案内表示が、あまり …

最新記事