ワイロード企画の大阪看板ブログ

「イケてる看板」が「イケてない看板」にならないために

こんにちは!ワイロード企画の藤原です。
先日、このような記事がネットで話題となりました。

デザインの敗北? ロフトのイケてる案内板、なぜかテープで補足説明

銀座にあるロフトの新店舗の案内表示が、あまりにもかっこよすぎてtwitterなどで「わかりにくい」と話題になったようです。

その後、テプラで追加の説明書きが加えられ、記事タイトルにもあるように「デザインの敗北?」との声も上がっています。

なぜ、このようなことになったのでしょうか?

目次

  1. ターゲットの選定
  2. ネーミングの重要性と可読性・視認性
  3. 話題性

ターゲットの選定

案内板に限らず、看板・サインは「誰が見るのか、どういった層が見るのか」を想定して作ることが大切です。分かりやすい例で言うと、小学校低学年の子どもにも読んでほしいなら、ひらがなで大きく表示することが必要になります。今回の例では、ロフトの担当者さんは「メインターゲットである20代後半から30代女性に響くかどうかを第一に考えて決めました」とのことです。その意味では、なんとなく、ではなく、しっかりと考えた上での表示だったようです。

ネーミングの重要性と可読性・視認性

「デザインの敗北?」とありますが、必ずしもデザイナーが各フロアのネーミングを考えたわけではないように思います。あくまでフロアのネーミングに関わる方とサインデザイナーとの共同作業となるわけです。しかし、案内板というのはパッと見てわかる、ということが非常に大切です。

ちょっと考えないとわからないようでは「分かりにくい」との印象を持たれてしまいます。

「ホームソリューション」→「生活雑貨」って…なかなか想像力が要りますね!

話題性

お店というのは話題になってなんぼですから、これは今回、幸いだったと思います。

もしかして、炎上を狙っていたのかも?

いかがでしょうか?
今回はフロア案内板ということでテプラでの修正ですみましたが(?)、大きな看板をよく考えずデザインし、後で「せっかく付けたけど、分かりにくい」となって修正作業をすると、場合によっては莫大なコストがかかることもあります。看板施工をお考えの方は、デザインや見せ方を十分に検討してみることをオススメします!

ワイロード企画では、看板施工に長年の実績があり、デザイナーがお客様目線で考えたご提案で大変喜ばれています。ぜひ、一度ご相談ください。

当社の施工実績

2017年10月 神秀山 満願寺 茶房かのん 様(川西市)→ 詳しくはこちら

2017年5月 尾崎自動車株式会社 様(大阪府堺市)→ 詳しくはこちら

2016年8月 株式会社志賀 様(大阪府池田市)→ 詳しくはこちら

執筆者:

関連記事

フロアマーキング、床の足跡シールで誘導をスムーズに!

人は急いでいる時や焦っている時は、平常時と比べるとかなり視界が狭くなり、注意力も散漫になる傾向にあります。普段なら見落とさない看板やサインも見落としがちになり、それによりいっそう迷いや混乱を生じさせて …

車用カッティングシートの販売開始!

看板によく使われる素材としてカッティングシート(塩ビフィルム)がありますが、車の装飾にも同じ素材が使われています。 営業車用に車のドア部やリアガラスなどに貼られているのをよく見かけると思います。 また …

お客様に認知してもらう看板

どんなお店でも、お客様に存在を知られていなければ成り立ちません。 看板を設置することによってお店を発見、認知してもらう可能性が高まる効果があります。 遠視: お店を発見してもらう お客様に店を発見して …

まち・人とつながる看板・サインデザイン

看板・サインは、人に身近な効果的な広告媒体であるとともに、まちを楽しく、より個性的に、魅力あるものにする力を持っています。 まち・人とつながる看板とは? 1.にぎわい、売れる看板 お客様が共有できるお …

朝ドラ「まんぷく」に見る企業の「看板」への想い

「まんぷく」で主人公夫婦の経営する「たちばな塩業」が塩づくりをやめ、「ダネイホン」という健康食品作りに専念すると宣言するシーンがありました。 そしてそれにともない、社名を変更するのです。 その後、「た …

最新記事